エレベーターの適切なメンテナンスで不安を取り除く

エレベーターの種類

荷物用エレベターについて

荷物用エレベーターは、大型スーパー、デパート、工場、倉庫などに設置されています。大きな荷物を、運搬するために使うことを目的としています。これらの場所で、エレベーターを設置することによって最適な性能が発揮され、作業が効率よく行えています。

自動車用エレベーターについて

設置場所は、オフィスビル、ホテル、マンションなどにあります。自動車エレベーターは、駐車場に直接車を入庫するために、設置しています。メリットは、駐車場への入庫をよりスピーディーに移動することができます。

緊急時の対応について

普段から日常的に使うエレベーターですが、点検やメンテナンスが行われていても、故障する場合があります。もし、閉じ込められてしまうと他人事ではありません。閉じ込められた時に、やるべきことはどうすればいいのでしょうか。

エレベーターのメンテナンスを正しく行い安全を守る!

メンズ

閉じ込められ場合

エレベーターに乗っている時に、故障や停電などで室内に閉じ込められた場合、外部と連絡ができるインターホンが設置されています。外部とは、ビルの管理室質と警備室に繋がるようになっています。繋がったら落ち着いて、状況を説明してください。室内は、通気性が保たれているので、息が苦しくなることはありません。

停電した場合

エレベーター内に乗っている時に、停電で停止した場合、非常用照明が点灯することになっています。室内は真っ暗になることはありません。慌てずに落ち着きましょう。点灯したら、非常用インターホンを押して助けを求めてください。